--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/15

終戦記念日

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ

σ(・ω・*)は右翼でも左翼でもありません。ましてやネット右翼でもなければ、ネット左翼でもありませんし、民族主義者でもありません。

日々思っていることをチョイト書いてみます。

戦争が起こってほしくないし、起こっては困る。
だからといって、念仏のように「戦争反対」と言う気もさらさらない。
外交の後ろには軍事力が控えている現実。
外交という話し合いの手段の先に、戦争という最後の手段。

先の戦争が終結して69年。
あの戦争が間違っていたとか、悪であったとか、そんな左翼的な事を言うつもりはないし、今現在の常識で当時の常識を語る事自体、乱暴だと思う。
当時は世界的に「侵略→領土拡大」が、スタンダードな戦争のスタイルであり、日本が「大東亜共栄圏構築」と銘打ち、アジア各国に侵攻した事は、当時としては至極常識的なことであり、何ら問題はない。そして、その侵攻によってアジアの国々が、自国の独立の為に立ち上がるきっかけとなった側面があるのも事実。(当時の日本軍が補給を疎かにして悪戯に戦線を拡大した事、国民・兵士をぞんざいに扱った事、精神論に偏重しすぎて大局を見誤った事に対する国家の罪は大きいが)

戦争を回避するために様々な外交努力をしたが、戦争に踏み切らざるを得なかった理由、石油輸出禁止・ABCD包囲網・ハルノート等々。
私なりに言うならば先の戦争は「自存自衛の戦い」
日本人として、民族の誇りを守る為に戦い、激動の時代を生き抜いて、ここまで繁栄した日本の基礎を作った祖父母達の世代を否定する事はできない。

「今の日本に靖國を守る器量はない」
この言葉は、あの激動の時代を生き抜いた方々が時々口にしますし、亡くなった祖父が出した宿題でもあります。
朧気ながら何を言わんとしているか分かる歳になりました。
私なりの考えですが、「個(私)に偏りすぎて《公》という部分を軽んじているのではないか」と言うことを言わんとしてるのではないかと思う。
それと同時に、あの時代を生きた方達、礎となった方々から今の日本はどう見えるのか、今の日本があの当時の人々が本当に願った日本の姿なのか気になるところでもあります。

今を生きる者として、人の親として、未来ある子供達の笑顔を曇らせない為、あの惨劇を絶対に繰り返さない為にも、先の戦争を絶対に過去の1ページにせず、親となった私達の世代が学校では絶対に教えてくれない戦争の真実を認識し、次代に正しく伝えると共に、考える力と目を養う事、感謝の気持ちを忘れない事だと思います。

「ローカリゼーション」
世界はもっとローカルであるべきではないかなと。
文化であり、宗教、食べ物、音楽など、それぞれの土地で生まれるべくして生まれ、育まれ、今日まで続いてきたものは強靱だと思います。それらを互いに認め合い、ローカルなまま発展していく方向の方が争いは少ないはず。

全ての英霊に対し黙祷。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。